インプラントの歴史

インプラントの幕開け

インプラントの幕開けは、1930年代のStrockらによる歯内骨内インプラントから始まりました。

臨床においては Chercheve(1961年)のスパイラルインプラント、Linkow(1970年)のブレードインプラント、 Sandhouse(1969年)CBSインプラント。川原(1978年)のサファイアインプラントなどが支持されました。

これらの骨とインプラント界層との間には偽歯根膜が介在し、理論的には線維性骨結合と考えられていました。

チタンと骨の結合の発見

ところが、スウェーデンの「ブローネマルク(Branenmark)」らは、動物実験の中で、金属の中でチタンと骨が直接的に結合する可能性のあることを発見しました。

この、チタンと骨との結合のことを「オッセオインテグレーション(Osseointegration)」と名付けました。

その後、1985年以降にはチタンの表層に厚さの異なったハイドロキシアパタイト(HA)をコーティングしたインプラントが開発されました。これらは骨伝導能をもち、HAと骨とは化学的に結合し、「バイオインテグレーション(Biointegration)」といいます。

その後、1985年以降は各種インプラントが次々に開発されてきました。

骨が足りない場合などの術式の開発

また、骨が不足した部位には、骨幅を増大させるために膜を利用したり、オトガイ部や腸骨の一部をインプラント部位に移植する「骨移植」との併用などによる「GBR」などが行われるようになりました。

また上顎洞(じょうがくどう)の空洞の粘膜を拳上し、得られたスペースに自家骨移植あるいは人工骨の補填材を使って増骨する「上顎洞底拳上術(サイナスリフト)」、さらに「下歯槽神経移動術」の適用が報告されています。

さらに上顎洞底拳上術の変法として「ソケットリフト法」などが行われるようになりました。