インプラントのメリット

インプラントのメリット

自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、食べ物の味や感触がよくわかります。

インプラントによって「自分の歯と同じような感覚で噛む」ことができるようになります。入れ歯にした場合は、違和感があったり、痛みが出たり、食べ物がはさまったり、しっかりと噛めないといったケースも少なくありません。インプラントではしっかり骨と結合することで、それらの問題もなくしっかり噛めるようになります。

ブリッジのように周りの歯を削ったりすることがありません。

ブリッジの場合、残っている歯を削る必要が出てきます。インプラントでは周りの歯を削ることなく、独立した治療が可能です。

入れ歯のように他の歯にバネで負担をかけたり異物感がありません。見た目は自分の歯とほとんど同じように、綺麗に仕上がります。

入れ歯では、残っている歯に金属のバネをひっかけて使用するため、バネをかけた歯に負担をかけてしまいますが、インプラントではそのようなことはありません。

インプラントが顎の骨に力を加えることで、顎の骨が痩せるのを防ぐといわれています。

歯を失ってしまうとあごの骨は次第に痩せていってしまいます。しかしインプラントでは、あごの骨にインプラント体を埋め込むため、噛む刺激があごの骨に伝わるようになり、あごの骨が痩せてしまうのを、何もしない場合と比べて防ぐことが可能です。

インプラントのリスク

  1. インプラント治療は健康保険適用外であるため、自由診療となり、治療費が高額となります。
  2. インプラントを顎の骨に埋入するための外科手術が必要となります。
  3. インプラントが骨とくっつくまでには通常3~6ヶ月かかりますが、増骨手術などを伴ういわゆる難症例の場合、それ以上の期間を要する場合もあります。
  4. インプラント手術後は症例により程度の差はありますが腫れが出ます。(腫れは3日目がピークでそれから日数が経過するにつれて落ち着いてきます)また、痛みは鎮痛剤で収まる程度のものが一般的です。
  5. インプラントを埋入する手術の際、下顎を通る神経に触れたなどの影響により、知覚異常や鈍麻を起こす場合があります。また上顎の場合、上顎洞に迷入するリスクがありますので、注意を要します。(当院では過去例がありません)

インプラントに対して一般的な「義歯(入れ歯)」や「ブリッジ」という方法もあります。そちらの解説を見ていただくことでよりインプラントのメリット・デメリットがはっきり分かっていただけると思います。