インプラントの流れ

インプラントの流れ

歯根型インプラントの植立手術の術式は、しっかりシステム化されています。

一般的には、まず植え込むインプラントの直径に合わせた形成器具でインプラントを植えるホールを歯槽骨に形成します。

そこにインプラントを無菌状態で植え込み、植え込んだ部分の粘膜を各々のインプラントシステムが推奨する方法で縫合して植え込み手術は終了です。

その後、インプラント周囲の骨がインプラントと結合するのを待って、インプラントの上に支台装置(アバットメント=土台)を取り付けて、さらにその上にクラウンなどの上部構造を製作・装着して完成です。

症例によっては噛み合わせを調整するためや、審美的な形態を確認するためなどで、仮の歯で経過を見ることもありますが、大きな流れはこの通りです。

ご来院から治療完了までの流れ

①ご予約

電話で相談の日時をご予約下さい。

②診査・診断

初診時に、「パノラマX線」、「CTスキャン」、「口腔内診査」によりインプラントの可能性を診査します。

③お見積

インプラント治療が可能な場合は費用の見積りを出します。患者さんが御納得されればその場ですぐ治療計画を立てます。その場で決定しない場合は後日御連絡待ちでその日は終了となります。

④治療計画

治療計画は各個人によって症例が違いますので、その人に合った最適な方法を考えます。

⑤治療

治療期間は3~6ヶ月です。(増骨手術を伴う場合はそれ以上になります) 以上が大体のインプラント治療の手順です。ご不明な点はEメール・電話でお問い合わせください。