インプラントの術式

インプラントの術式

手術法には1回法と2回法があり、1回法はアバットメント装着時に歯肉を切開する必要はありませんが、2回法では歯肉の中にインプラントを埋入するため、歯肉を切開する必要があります。2回法の方が手間がかかる反面、歯肉の中にインプラントが入っているので感染するリスクが少なく、義歯などが使えるなどのメリットがあります。

インプラント「1回法」

インプラント「1回法」では、1回目の手術で、インプラントを歯肉の中に埋入し、インプラントの一部を歯肉から露出させます。インプラントが歯槽骨と結合する期間(約1.5ヶ月~3ヶ月程度 ※個人差あり)が経過後、インプラント上部に土台(アバットメント)を装着します。アバットメントを装着する時は、1回目の手術時に、インプラント体の上部を歯肉から露出していたため、歯肉の切開などの手術はありません。

2回法

インプラント「2回法」では、1回目の手術で、インプラントを完全に歯肉の中に埋め込んで縫合します。インプラントが歯槽骨と結合する期間(約3ヶ月~6ヶ月程度 ※個人差あり)が経過後、再度、麻酔下で歯肉を切開し、インプラント上部を露出させ、土台(アバットメント)を装着します。

 

どちらの術式が良いのか

1回法と2回法どちらが良いということではなく、患者さんの口腔内の状態などでどちらにするべきかは変わってきます。大切なことは、お一人おひとりの状態に合わせた、最適な治療法を選択することです。